News& Topics

自己資金はどのくらい必要かを検討しましょう。 
新規開業の際、実際に必要な予算が明確にできていますでしょうか?
飲食店を開業するためには、物件の取得費と工事費用、採用費用や宣伝費用などの運転資金が必要です。これらの総額を把握して予算化し、計画を進めていくことが大切です。
その総額のうち30~50%ぐらいを自己資金でまかなえれば、余裕のある資金計画を立てられます。ただし、自己資金を使い切ってしまうのではなく、当初はできるだけ借入金で経営し、返済するメドが立った時点で返済する方法が、安定した資金繰りが見込めます。
資金調達には、さまざまな方法があります。新規開業する人がよく利用するのは「国民生活金融公庫」です。連帯保証人は必要ですが、キャリアや熱意があれば、融資される可能性はあります。また、各自治体の独立起業者向けの融資や助成金なども活用しましょう。
M-2-1-1.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
晃洋厨機では、厨房機器の大幅なコストダウンを実現します 。
大手の厨房メーカーに設備を依頼した場合、「必要な製品」だけではなく、「売りたい商品」を導入される傾向がしばしば見られます。 
 晃洋厨機では、導入機種の見直しに加え、効率化を図るレイアウト設計をご提案し、設備のムダを省いて大幅なコスト削減を実現します。事実、私どもにご発注いただいた、あるレストラン様では、他社より約30%も低いお見積りをご提出することができました。  
  
私共は、特定のメーカー系列に依存しない独立した厨房設備・設計会社であるため、お客様の立場に立って、幅広い選択肢の中から機種選定を検討することができます。